bright_shine_on_time

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

さぼってごめんなさい、忘れないうちにがんばって書く。


この日はトスカーナに行こうと決めてたため早朝に起床して準備を終えてから朝食へ。
ホテルを出てバスの発着所へ行って目的地であるサンジャミニャーノ行きのバスに乗るため
チケット売り場に行って行きのチケットを買った、時刻表と時間を教えてくれて結構親切だった。
早口だったからビコーズの後がよく聞き取れなかったけど・・・
サンジャミまでは高速つかって1時間ちょい、それでも5.9ユーロで相変わらずこういうのは安い。


バスの発車まで少し時間が合ったから近くの市場でいろいと見て回った、日本語喋れる店の人が一人見かけた。


バスの発車の時間になったから水分とお菓子をキヨスクみたいなところで買って搭乗!
ここでもチケットを挿す方式で一番前に座ってたカップルに教えてもらった。
サンジャミまでは直行バスじゃなくって途中で乗り換えるんだけど・・・
それがどっかのちょっとした郊外の町のただの道で降りて『え?ここでいいのっ??』
と不安に掻き立てられる場所で下ろされた


フェレンツェ乗り換え


一緒に降りたのが旅行者風の夫婦でもち外人なためさらに不安に・・・
バスは時間通りにはこねーし、30分くらいまってようやくそれらしきバスが来て運転手に行き先を確認。
乗り換え地点からはこれでもかってくらいのトスカーナの雰囲気バリバリでちょっと前までいたローマみたいな都会とはぜんぜん違う雰囲気でいいかんじ。


サンジャミはトスカーナのちょっとした小高い丘にある古都で塔が何本も建てられていて今も数本が現存する落ち着いた街。
ワインではD.O.C.GのVernaci di S. Gimignanoで有名・・・・・・らしい。


サンジャミ入り口   サンジャミ1  サンジャミ2


着いた
ヤバイ、雰囲気が超好み。
草原のなかにポッツリとある街で全体の雰囲気も昔のままで手がぜんぜん加えられていないかんじ、時の流れがゆったりと。


まずは街をぐるっと一周する、そんなに広くないからあっという間に一周できる、ちなみに許可のある車じゃないと街には入れなくってもし車の場合は城壁の外にある駐車場にとめる。


大体の位置関係がつかめたところで早速目玉の塔に入る、金払ってなー。
塔の所有者が経営しているのかな?なんか井戸端会議してたんですが・・・
気を取り直して塔を登っていると途中の壁にあったドアが開いて
子供部屋らしき部屋が見えたけど・・・ なんで?部屋??ここ普通に家なの???


気を取り直して塔を登ってようやく着いたのがサンジャミで一番高い塔のてっぺん、見晴らしは




サンジャミ塔1 サンジャミ塔2 サンジャミ塔サン


しっかりと目に焼きつけ後に昼ごはんに小さなパン屋でパニーニと菓子パンを買って
城壁の外側の見晴らしのいいベンチでとった。
こういうところで食べる飯だと無条件にうまくなるが・・・ マジおいしいな。


あとはお土産ということで趣のあるエノテカに入りちょっと自分の年齢のワインがあるか尋ねてみた、そしたら少し探して見つけたのがカウンターの置くの棚の上・・・
値段がついていないらしくおもむろに電話し始めたよ、明らかにたけーよ、
120ユーロって言われたよ誕生年っていったら110ユーロになったよでもたけーよかえねーよ
1985はベストっていわれたよ無理だだーよ、ふつうのおいしいワインかって(セレクションていってた)もうひとつの都市『シエナ』に行くためにタバッキでチケットかってバス停でのんびりジェラート食って待つことに。


つづく


スポンサーサイト
10日

S.Mノッヴェラ駅にちかい広場


この日は花の都と呼ばれるフェレンツェの街をゆらりと歩いた
ちなみにフェレンツェ最初の朝、おきてブレイクファーストルームに向かったが…

だっれもいっねえええー

ローマでの朝食ではいい感じの兄ちゃんがカプチーノ入れてくれたのになぁ
パンがいくつかあったけどいとしのコンフレークとヨーグルトとハムとチーズとパンを食べた、いやぁ満足。
コーヒーはマジでまずかったけど。

まずはサン・マルコ教会&美術館にGo!

学生がたくさん模写してたー 印象はそのくらい、撮影禁止だったから撮れなかったけど教会の中庭は絵にしたようなかんじの芝生が綺麗な所だった。

そしてすぐ隣のアカデミア美術館にはいった、ここにはみんなが知っている『ダヴィテ像』
いやこれが馬鹿でかいってのなんっての4.34mらしいけど想像を3回りくらい大きかった。

ダヴィテレプリカ


これはヴェッキオ宮にあるレプリカの写真だけどね。

その後、S.Mノッヴェラ教会周辺のトラットリアで飯にして広場でジェラート

S.Mノッヴェラ教会

S.Mノッヴェラ教会


・・・そういやS.Mノッヴェラ教会の中庭で写真頼まれて撮ったけどうまく撮れたかなー、フィルムだったから不安だ。

ベッキオ橋方面に買い物目当てでイタリアデザインの店に入って気に入った時計を見せてもらって質感は悪くなかったから購入!
展示品しかなかったから5ユーロやすくしてくれたー。
店を転々としてウィンドウショッピングを楽しんで目星をつけてたオリジナルアルバム屋さんへと、
ここはいろんな紙やアルバムカバーメモ帳ブックカバー等々を作って売っている所で元は本の修復をしていたらしい。
店内をあれこれ見ていい感じのメモ帳を見つけて早速名前入れを 頼 ん で み た。
そう、PEE(本当の名前)&NANASIと、そしたら場所とかあれこれ聞かれて
じゅわ、っとゴールドリーフを職人技で焼き付けてもらった。

感無量

以上!!あとは本屋があって相変わらず漫画等の楽しそうなものがねぇな、とか栗うめぇとかあったけどこのメモ帳だけでもこの日は最高さ。
やっとこホテルにチェックイン!!

そして予約してあったウフィッツィ美術館方面に徒歩で向かった・・・
ベッキオ橋は貴金属店が集中して出来ていてかなり遠い世界の店々があってこういうのになじむことはないだろうと思うわ。

ベッキオ橋


ローマよりは街全体の雰囲気がゆったりしているかな。

で問題のウフィッツィ美術館に到着。

ウフィッツィ


ここら辺には似顔絵屋さんとピエロの人たちが本当にたくさんいる、そのうちの一人のピエロにチップ払って写真に写ってもらったよ~ 
プロは違うな・・・ いろいろやってもらった、天使にされたり天使にされたり。


そのごドォウモのクーポラに登ってフェレンツェの町並みをびゅー


Fクーポラ


街の雰囲気も屋根の色も統一されていて感無量だよこりゃ、
日が落ちるまで静かに眺めてた。

日が落ちたあと夕飯まではまだ時間あったから少し離れた高台にある公園にGO!
30分くらい歩いて坂道を登りまくってようやく着いたと思ったら、しずかーな公園で黒人の方が地面に絵を広げてポッツリとたたずんでいるのよ、こえーよ。

F公園


夜の公園をぶらぶらしたあと夕食に行き白ワインで(〃▽〃)になっってたがホテルの近所にあった中東系の人たちが経営している雑貨屋に入いったがかなり人がよかった、すげー親切にしてくれたし会計もいい加減で相方はつりが1ユーロ多くて俺はチョコが小計に入ってなかったり・・・
店出るときは『アリガトウ!!』だった。


明日はフェレンツェの街をゆっくりと回る日・・・


フェレンツェへ旅立つ日、お世話になったホテルにグラッツェを言ってチェックアウト。

ローマテルミニ駅からフェレンツェ・サンタマリアノッヴェラ駅まで特急を使い移動を。

テルミニ2


例のごとくホームにあるスタンプにチケットを通すだけ・・・
途中時々やってくる車掌に見せるだけ、かなりざっくばらん。
車両の中は個室になっていて2等席の割には快適。
ローマ→フェレンツェ間はトスカーナの辺りを通るため景色は田舎は田舎なんだけどやっぱり雰囲気がItalyで羊がよくいたりするのもGood!
すいていて途中に入ってくる人もなく1時間半ばで到着駅の手前まで来て『つぎだなー(時刻表を見て)』とおもってながめてて駅に着いたら・・・



駅の名前ちっげえぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!



おいおいおいおいおいおい、どーゆーこったやばいよやばいよー
即刻そこらへんにいたおっちゃん捕まえて聞き出した、というか聞き出すしかねぇよ。

俺『ねえ、ここどこよ?』                    (*超意訳)
おっちゃん『フェレンツェ・カンポ ディ マルタ駅だよ~』
俺『はぁ!?サンタマリアノッヴェラ駅じゃないんだよね?』
おっちゃん『そーだよ、フェレンツェにはこの駅しか止まらないんだよ。』
俺『・・・まじかい、あんがと。』

もう列車が発車しそうな感じだったから急いで降りる、いい感じにさびしい駅に。
とりあえずホームに座って時刻表よく見たら時刻の隣に小さく『c』のマーク、
どうやらこの駅に止まることを指しているらしい・・・
だったら時刻表のサンタマリアノッヴェラ駅の列に載せるなって。

どーしたもんかと考えてたら駅員っぽいお姉さまに

お姉さま『どうかしました?』                (またまた意訳)
俺『あー、サンタマリアノッヴェラ駅行きたいっす』
***ここから日本語、つかお姉さま片言に日本語しゃべれるぅ!***
お姉さま『ここで待っていれば電車が来ますね。(階段近くのTV見ながら)』
俺『ここのホームでいいんですか?』
お姉さま『はい、そうですね。  あーでも時々変わる場合もあってそのためにこのTVがある。』
俺『わかりました、グラッツェ!』
お姉さま『プレーゴ、チャオ!』

英語で語りかけてきたから英語で質問したのに日本語で返されてびびったわ、今思えば向こうで聞いた一番たっしゃな日本語だったな。

フェレンツェS.Mにようやーーく着いた・・・
昼を過ぎていたからとりあえず駅の周りを歩いて昼食とって
ホテルのチェックインの時間までぶらぶら
ジェラートうっまー(゚∀゚ )

市場付近


しかもチェックインの時間にいっても『まだだよ、20分後にきな』って追い返されたし。


~続く~
朝起きた、カプチーノうまかった。
この日はローマっぽいところにいった。

トレヴィの泉 フォー
とれヴぃ


コイン投げたよ?以外に狭いところにぽつんとあるんね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。