bright_shine_on_time

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ちょっとまえのネスカフェのグランプリをとったCMを思い出し、
もう一度見たくなって探したけどもう削除されているようで見れなかった。
以下詩だけ抜粋

「朝のリレー」   -谷川俊太郎-

 カムチャッカの若者が
   きりんの夢を見ているとき
 メキシコの娘は
   朝もやの中でバスを待っている
 ニューヨークの少女が
   ほほえみながら寝がえりをうつとき
 ローマの少年は
   柱頭を染める朝陽にウィンクする
 
 この地球では
   いつもどこかで朝がはじまっている
 ぼくらは朝をリレーするのだ
  経度から緯度へと
   そうしていわば交替で地球を守る
 眠る前のひととき耳をすますと
  どこか遠くで目覚時計のベルが鳴ってる
 それはあなたの送った朝を
   誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ 

CMそのものは詩の雰囲気を十分に表現したさわやかでやわらかい内容だった。

朝は一日の始まりの合図、なにか今日という一日に宝物が埋まっている可能性を秘めているかもしれないという期待感を感じさせてくれる。
だから朝は起きてて体感するのではなく目覚めて体感しよう。

そして、ちょい現実的にどう朝がリレーされているかは
http://www.die.net/earth/
ここで現在の地球の日の当っているところ、夜のところが見れる。

P.S 今日は暇だから人生にスパイスを求めて出かけようか



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。