bright_shine_on_time

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
プチチーズケーキ、さあ10回くらい言ってみよう。

IMG_2357s.jpg



P.S まじねみいあっひゃっひゃ。
やっとこホテルにチェックイン!!

そして予約してあったウフィッツィ美術館方面に徒歩で向かった・・・
ベッキオ橋は貴金属店が集中して出来ていてかなり遠い世界の店々があってこういうのになじむことはないだろうと思うわ。

ベッキオ橋


ローマよりは街全体の雰囲気がゆったりしているかな。

で問題のウフィッツィ美術館に到着。

ウフィッツィ


ここら辺には似顔絵屋さんとピエロの人たちが本当にたくさんいる、そのうちの一人のピエロにチップ払って写真に写ってもらったよ~ 
プロは違うな・・・ いろいろやってもらった、天使にされたり天使にされたり。


そのごドォウモのクーポラに登ってフェレンツェの町並みをびゅー


Fクーポラ


街の雰囲気も屋根の色も統一されていて感無量だよこりゃ、
日が落ちるまで静かに眺めてた。

日が落ちたあと夕飯まではまだ時間あったから少し離れた高台にある公園にGO!
30分くらい歩いて坂道を登りまくってようやく着いたと思ったら、しずかーな公園で黒人の方が地面に絵を広げてポッツリとたたずんでいるのよ、こえーよ。

F公園


夜の公園をぶらぶらしたあと夕食に行き白ワインで(〃▽〃)になっってたがホテルの近所にあった中東系の人たちが経営している雑貨屋に入いったがかなり人がよかった、すげー親切にしてくれたし会計もいい加減で相方はつりが1ユーロ多くて俺はチョコが小計に入ってなかったり・・・
店出るときは『アリガトウ!!』だった。


明日はフェレンツェの街をゆっくりと回る日・・・


フェレンツェへ旅立つ日、お世話になったホテルにグラッツェを言ってチェックアウト。

ローマテルミニ駅からフェレンツェ・サンタマリアノッヴェラ駅まで特急を使い移動を。

テルミニ2


例のごとくホームにあるスタンプにチケットを通すだけ・・・
途中時々やってくる車掌に見せるだけ、かなりざっくばらん。
車両の中は個室になっていて2等席の割には快適。
ローマ→フェレンツェ間はトスカーナの辺りを通るため景色は田舎は田舎なんだけどやっぱり雰囲気がItalyで羊がよくいたりするのもGood!
すいていて途中に入ってくる人もなく1時間半ばで到着駅の手前まで来て『つぎだなー(時刻表を見て)』とおもってながめてて駅に着いたら・・・



駅の名前ちっげえぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!



おいおいおいおいおいおい、どーゆーこったやばいよやばいよー
即刻そこらへんにいたおっちゃん捕まえて聞き出した、というか聞き出すしかねぇよ。

俺『ねえ、ここどこよ?』                    (*超意訳)
おっちゃん『フェレンツェ・カンポ ディ マルタ駅だよ~』
俺『はぁ!?サンタマリアノッヴェラ駅じゃないんだよね?』
おっちゃん『そーだよ、フェレンツェにはこの駅しか止まらないんだよ。』
俺『・・・まじかい、あんがと。』

もう列車が発車しそうな感じだったから急いで降りる、いい感じにさびしい駅に。
とりあえずホームに座って時刻表よく見たら時刻の隣に小さく『c』のマーク、
どうやらこの駅に止まることを指しているらしい・・・
だったら時刻表のサンタマリアノッヴェラ駅の列に載せるなって。

どーしたもんかと考えてたら駅員っぽいお姉さまに

お姉さま『どうかしました?』                (またまた意訳)
俺『あー、サンタマリアノッヴェラ駅行きたいっす』
***ここから日本語、つかお姉さま片言に日本語しゃべれるぅ!***
お姉さま『ここで待っていれば電車が来ますね。(階段近くのTV見ながら)』
俺『ここのホームでいいんですか?』
お姉さま『はい、そうですね。  あーでも時々変わる場合もあってそのためにこのTVがある。』
俺『わかりました、グラッツェ!』
お姉さま『プレーゴ、チャオ!』

英語で語りかけてきたから英語で質問したのに日本語で返されてびびったわ、今思えば向こうで聞いた一番たっしゃな日本語だったな。

フェレンツェS.Mにようやーーく着いた・・・
昼を過ぎていたからとりあえず駅の周りを歩いて昼食とって
ホテルのチェックインの時間までぶらぶら
ジェラートうっまー(゚∀゚ )

市場付近


しかもチェックインの時間にいっても『まだだよ、20分後にきな』って追い返されたし。


~続く~
朝起きた、カプチーノうまかった。
この日はローマっぽいところにいった。

トレヴィの泉 フォー
とれヴぃ


コイン投げたよ?以外に狭いところにぽつんとあるんね。
きがついたらイタリア初日に、計画なんてほとんど作っていない。
言葉もルールもぜんぜん知らない。

・・・それでも、『何とかなるさ』を合言葉にいざ出発~。


まずは成田空港に、そしたらいきなりパスポートを欲求されたよおい。
今回使うのは日本から欧州に格安で提供してくれているエアロフロートロシア空港、ちなみにモスクワ経由。

ささっと買い物済ませてシャトルバスに乗って飛行機に搭乗した。
日本人半分外人半分って行ったところか、フライトアテンダントにもまだ日本人通訳が一人いるし、機内も日本語成分がまだあってこの時点では海外っぽくは無かった。

でも、やっぱりモスクワ空港に降りると空気が変わった・・・

モスクワ空港


日本語さようなら、ようこそ英語&ロシア語。
自販機見たらルーブルだよ・・・
特にトラブルもなくローマまでのチケットを受け取り飛行機に乗って10時間のフライトを経ていよいよイタリアに。




・・・ついた

無愛想な入国検査をしてここで初グラッツェ、
ホテルがあるテルミニ駅に行くために鉄道のあるロビーまで徒歩で歩く。


・・・どこだここは?

いや、イタリアでしかも鉄道のホームなのはわかるが
まず、チケットの買い方わからねえ、改札がわからねえ、電車がわからねえ

正直なめてたぜぃ、HEY。
チケットは出てこないのを外人に手伝ってもらって改札も同時にジェスチャーで示してもらった、電車は適当に何とかなった。
ただコカコーラ売ってたのはなんかホットした。

テルミニ駅についてまずはホテル探し、駅の位置関係を把握してからホテルの方向を確認。
周りのイタリア語&英語しかない世界に圧倒されながらホームの出口に向かい・・・
テルミニステーション

・・・5分も探さないうちに見つかるほど駅には近かった、
しかし、入り方がわからねえ

まったく検討もつかねぇ(゚Д゚ )  しばらく唖然としてたら後ろからアメリカンヤングメン'sがやってきて扉のHOW TOを教えてもらった、ありがてぇこった。

チェックイン済ませて部屋に入ると意外と綺麗で広かった。
時刻は23時日本時間次の日の朝の7時、ねみぃのをこらえてせっかくだから夜のローマを少し散歩に、 気をつけろ って言われたけどね・・・

そんなこんなでとりあえず一日目は終了。

イタリアの交通事情はありえないこととやっぱり文化が違うとこうも大変だってのを知る。
ちい、おぼえる。


P.S 焼きもろこしが1本焼きもろこしが2本・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。